部屋の電気を消すと、PCのスリープが勝手に解除される

 

さぁ寝ようと思って部屋の電気を消すと、「まだ寝るな」と言わんばかりにPCの電源が入る。
せっかく寝床に入ったのに、毎回スリープさせに起きないといけないのが煩わしい。

ということで、まずは何で解除されるのかを調べてみた。
イベントビューアーを開いて、「Windows ログ」>「システム」を開き、「現在のログをフィルター」をクリック。
イベントIDを「1,12,13,42,6005,6006,6008,6009」でフィルタしてみる。

イベントIDソース概要
1Power-Troubleshooterスリープ状態から復帰したとき
12Kernel-GeneralOS起動時
13Kernel-GeneralOSシャットダウン時
42Kernel-Powerスリープ状態になったとき
6005EventLog起動時
6006EventLog正常にシャットダウン
6008EventLog正常にシャットダウンせずに終了
6009EventLog起動時にブート情報を記録

すると、下記のようなログが見つかる。

システムは低電力状態から再開しました。

スリープ時間: ‎2022‎-‎06‎-‎26T18:30:32.080213700Z
スリープ解除時間: ‎2022‎-‎06‎-‎26T18:31:00.894516100Z

スリープ状態の解除元: デバイス -Intel(R) USB 3.0 eXtensible Host Controller - 1.0 (Microsoft)

「Intel(R) USB 3.0 eXtensible Host Controller - 1.0 (Microsoft)」というのが悪さしているらしい。

デバイスマネージャーで同名のデバイスを見つけたが、特にこのプロパティにはスリープ時に電源を解除するような設定は見つからない。
こちらのコミュニティ投稿いわく、「「スタンバイ状況を解除」を設定するのは、USB Controller側ではなく、そこに接続しているデバイス側」とのことだったので、USBで接続されているデバイスのプロパティを見ていった。

最終的に、キーボードのプロパティの「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」を無効にすることで、勝手にスリープが解除されることがなくなった。

その代わり、キーボードからスリープ解除することができなくなってしまったけど、まぁいいか。

ちなみに、下記記事に載っている「BIOSのUSBの設定を"Smart Auto"から"Auto"にする」という解決方法、以前この問題を解決しようとした時はこの方法で直った記憶があるので、一応記載しておく。
今回はこの設定が既に"Auto"になっていた上での現象だった。

タイトルとURLをコピーしました

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

one × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください