Raspberry Piが起動しているかどうかを緑LEDで確認できるようにする

   2018/01/02

これ設定しておくと、起動中はheartbeatで点滅してるから、いつシャットダウンできたのかが分かりやすくて非常に助かる。
起動してるかどうかの確認にもなる。
めっちゃ重宝してるので、Raspberry Piのセットアップ時には必ず初めにこの設定をしてる。

最初にconfig.txtを開く。

で、一番最後に下の文を追加する。

dtparam=act_led_trigger=heartbeat

で、再起動して緑LEDが心電図みたいに点滅してれば無事設定完了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

2 × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください