LLVMをMacへインストールする

   2018/04/26

macの場合、インストールする時きつねさん本は役に立たない。

代わりに下記サイトを参考にしてインストールする。

ちなみに、単純にインストールするだけなら下記サイトの通りbrewを使う。


前提として、/Users/ユーザー名/llvm以下にインストールすることにする。

ただし、makeするときはPythonのバージョンを2.x系にしておくこと。
pyenvとか使ってる時は globalを2.x系にしておく。

しかし、これでビルドすると総ファイルサイズが約30GBにもなるんだが…
流石にデカすぎないか?
どうすれば小さくなるんだ…
イマイチ最適化オプションのつけ方が分からない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

12 + twenty =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください