横向きに生えた下の親知らずを抜いた話

   2018/03/22

先日、右下の奥歯が痛み出したので歯医者に行った。
診察の結果、虫歯ではなかったみたいだが、どうやら横向きに生えた親知らずが奥歯にあたって痛みが生じているらしい。

って事で、改めて予約を取って、今日、親知らずを抜いてきました。
どのくらいの重症度の親知らずか(骨の奥に隠れてるとか)は分からないのですが、これから下の親知らずを抜く方の参考になればと思います。

手術

処置にかかる時間は1時間ちょいくらい。
親知らずを抜く手順としては、
麻酔→歯茎切開→歯を三つに砕く→取り出す→薬を詰めて縫合
という感じでした。
骨を削ったのかは分からない。

麻酔が効いているので削る時に痛みとかは感じない。
「高周波な音出すなぁ」みたいなこと考えてられる感じ。
どちらかというと抜く時は力入れて抜く感じなので、そっちのが痛み(引っ張られる痛み?)があったかな。

でも何よりずっと口を開けてるのがつらかった。
終わった後なんか数分顎が外れた感じで口閉じられなかったからね(笑)
途中からは口をあけっぱにしておくつっかえ棒みたいのを挟んでもらったけど、それでもずっと開けっ放しってつらい。
何なんだろうね、自然と口閉じる方向に筋肉使っちゃうのかね。

抜いた歯は見せてもらえます。
上半分はほぼ削って取ったらしく、残ってたのは下半分のみ。
まぁ、見ても特に感慨深いとかはないね(笑)

当日

手術後は抜歯した側の歯は使えないので、簡単な食事。
事前にゼリー飲料を大量に買い込んでおいたので、それを飲んでカロリー補給。
あとは化膿止めと痛み止めをもらったので、それを飲む。

痛み止めを飲むのが遅れてしまったので痛みは結構ある。
ずっとジンジンしている感じで、正直他の事に集中してられない。
痛み止めに関しては家に帰ったらすぐ飲んだ方がいいみたい。
冷えピタはあまり効かなかったような気がする。気休め程度。

何もできなくて、久々に9時台に寝た。
眠りにつくころには痛み止めが効いたので気持ちよく眠れた。

2日目

朝起きたら顔が腫れてた。

痛み止めが効果てきめん。
昨日と比べたら全然痛くない。
違和感はあるけど、口を激しく動かさない限り生活には支障はない。
痛み止めは痛んだら飲むように言われてたけど、痛みが出てからでは遅いので、食後に定期的に飲んだ。

食事に関して、朝はゼリー飲料だったけど、さっそく飽きたので昼からにゅうめんに移行。
卵を入れてタンパク質を取る。
顔を傾けて片方で噛むのが結構大変。
ちまちま気を使って食べないと食べ物が抜歯した側に行っちゃう。
食べるのが遅くなるし、首が疲れちゃっていつもよりも食べられない。
あと肉とか食べられないのが辛い。

ご飯はにゅうめんで、お腹がすいた時に適度にゼリー飲料を飲むスタイルでしばらくやってみる事にする。

3日目

歯医者で消毒をしてもらう。
今日からうがいが解禁されるらしく、歯磨きできないエリアはうがい薬を使ってうがいで消毒するらしい。
処方された痛み止めが少なかったので、痛み止めの数を減らして生活することに。
(毎食後に飲むのは多すぎたっぽい。)

とはいえ、痛みはそんなでもない。
3~4日目が痛みのピークとネットに書いてあるが、初日の痛み止めを飲み遅れた時の方が断然痛かった。

食事はにゅうめん継続。
うがい解禁ということで多少の刺激は大丈夫なんだろうと、少しだけ一口の量が増える。
お肉が食べたい。

4日目

痛み止めを飲み忘れて痛み再来。
夕方以降は、痛み止めを飲まなくても案外なんとかなることに気づく。

にゅうめんに飽きてきた。

5日目

顔の腫れがずいぶん引いた。

痛みはほとんどなく、生活に支障はない。

食事に関してはとうとう我慢できなくなり、お粥と一緒にハンバーグを食べた。
めちゃくちゃうまかった。
ゆっくり少しずつ噛めばそれほど問題なさそうだ。
少し口を大きく開けないといけないので、その時に傷口に違和感が生じるくらいか。
その後シュークリームやバナナを食べるも、口を開けなければいけない点以外は問題なし。
思ったよりなんでも食べられそうで何より。

6日目

違和感は残るものの、痛みがほとんどなくなってきている。
とはいえ、まだかすかに血の味が口に広がる。

7日目

歯医者で診察。
順調に治ってきているらしい。
抜歯した辺りは歯が磨けてないので、歯医者で丁寧に磨いてもらった。
シャコシャコ心地よかったwww

8日目~

ほとんど痛みがない。
痛み止めももう飲んでいない。

口も大きく開けられるようになってきたので、食べ物に関しての制限がほとんどなくなってきた。
とはいえ念のためご飯は柔らかくして食べているし、肉もひき肉のみ。

13日目

歯医者に行って抜糸してもらった。
糸のせいで口の中にずっと残ってた違和感が完全に消えた。
口を大きく開けても痛くない。

とはいえまだ油断してはダメらしく、まだ片側で噛まないとダメだし、運動は控えたほうがいいらしい。
来週も消毒してもらうことになった。

食べ物に関しては、がっちりしてて噛む回数が多い肉とか以外はだいたい食べられるようになった。
それでも時間はかかるけどね…

まとめ

こっから先は特に大きな変化もないだろうから、記事はここで終わりにします。

一週間もあればだいたい症状が落ち着く感じだね。
抜糸までは2週間かかった。思ったより治療に時間はかかったかな。
まぁ歯茎がきちんと固まるのを待ってから抜糸したから遅くなったってのもあるけど。

痛みの少ない治療を宣言してて、かつ口コミのいい歯医者さんを選べば、生え方が悪い親知らずでもそんなに痛い思いはしなくて済むんじゃないかな。


追記(2018/03/19):

右上の親知らずも抜いてきたけど、こっちはめちゃくちゃ楽だし痛くない!
先生の抜歯処置自体には2分もかかってないんじゃないかな。
麻酔が効くまで待ってた時間の方がはるかに長かった。

術後は当日過ぎれば全然痛くないし、下の歯に比べれば全然大したことなかった。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

five × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください