[Raspberry Pi 3]ホスト名を変更して、「raspberrypi.local」以外でssh接続する

   2018/02/19

Raspberry PiにPCからsshで接続する時、ホスト名として「raspberrypi.local」というのが使えるようになっている。
いちいちIPアドレスとか調べなくていいから手軽なんだけど、全てのRaspberry Piのホスト名がデフォルトでraspberrypi.localなので、一度に複数のRaspberry Piとssh接続できないという欠点もある。
一度に複数のRaspberry Piと接続するには、いちいちRaspberry Piに割り当てられたIPアドレスを調べて入力する方法とか、それぞれのRaspberry Piに別々の固定IPアドレスを割り当てておく方法があるんだけど、なんだかめんどくさい。ssh接続するときにいちいち数字打ち込むのもめんどくさい。

Raspberry Piではもっと手軽な方法をとることができて、それがホスト名を変更する方法。
「raspberrypi.local」の代わりに「〇〇.local」というホスト名に変更することで同時にssh接続できるようになる。
ホスト名なら覚えやすいし、作業効率もアップ。
※ユーザー名を変えるだけでは複数同時に接続できない。必ずホスト名を変更する必要がある。

ということで、今日はその方法の紹介。

一番簡単な方法

追記(2018/02/19):

もっと簡単にホスト名を変更する方法があった。

上のコマンドで設定画面を出して、「2 Hostname」を選択。
すると、ホスト名の変更画面が出てくるので、好きなホスト名に変更する。

これで完了。

追記する前の方法

hostnameの変更

hostnameを開いて、「raspberrypi」を別の名前にする。
例えば、「rpi-server」とか、「rpi-audio」とか。
この記事では例として「rpi-main」という名前に変更する。

hostsの変更

hostsを開いて、ここも「raspberrypi」を任意の名前に変更する。
さっきと同じ名前に変更。

avahi-daemonのインストール

下のコマンドを実行する。

終わったら、試しに設定したホスト名でssh接続できるか確認する。

接続できるようになっていれば、設定完了!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

15 − 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください