MacのUSキーボードを日本語配列のキーボードっぽい操作感にする

   2018/05/28

USキーボードにして一番困ったこと。
スペースバーの横がコマンドキーになってしまっている!!!
日本語配列のキーボードでは、両隣が英数キー・かなキーになっていて、切り替えが非常に楽だったのだ。
そりゃまぁUSキーボード使う言語圏の人には必要ない機能だから、無いのは当然っちゃ当然なんだけど・・・

まぁでも同じように悩んでいる人もいたみたいで、「⌘英かな」というアプリが公開されていた。

僕はこんな感じで設定している。

3つ目のやつは、後ろの文字を削除するための設定。
Macではfn+delで後ろの文字を削除できるようになっていて(Windowsでのdeleteと同じ挙動)、日本語配列の時は片手で操作できる使いやすい機能だった。
しかしUS配列ではfnキーが遠くに行ってしまっていて、両手使わないとdeleteできないのだ。
だからalt+delに同じ機能を割り当てておいた。

おかげで日本語キーボードと遜色ない操作感に変わった。
マジ最強っすわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

two × 1 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.