[Raspberry Pi 3]I2Cの通信がなぜかできない時

   2018/05/29

原因はいくつか考えられる。

GNDが共通になっていない

RPiと繋いでいるデバイスとのGND電位は揃えた方がいいらしい。
GNDを繋ごう。

カーネルのバージョンがいつの間にか上がっていた

こういう場合もある。というか頻繁にあった。
bcm2708というのを使いたいのに、自動的にバージョンが上がってbcm2708が使えなくなる。
代わりにbcm2835ってやつがデフォルトになってて、そのせいで上手くプロセスが立ち上がらないっぽい。

今回の場合、元々のカーネルバージョンは4.4だったのに、いつの間にか4.9に上がっていたせいだった。

対処法としては、単純にバージョンを落としてやれば良い。

もう一度確認して、バージョンが元に戻ってれば通信できるようになっているはず。

ちなみに、カーネルバージョンはそのままにbcm2708を起動するためには、以下のサイト参照。

Just to repeat the entire process . . . .

  1. Download the old module here.
  2. Copy this file into /boot/overlays.
  3. In /boot/config.txt add the line dtoverlay=i2c1-bcm2708 at the end.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

4 + 17 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.