[Raspberry Pi 3]ディスクイメージを作ってバックアップする

   2018/05/30

Raspberry Piのバックアップとして、イメージディスクを作る。

Ubuntuでの方法

ddコマンドを走らせるときは、何気に時間がかかるので注意。
16GBバックアップで15分ちょいかかった。

Macでの方法

SDカードがどのデバイスかを確認。

番号がわかったら、それを元に以下のコマンドを走らせる。
今回の場合、SDカードはdisk2だったので、それを指定して「rpi.img」という名前のイメージディスクを作る。
注意すべき事として、この時指定するデバイス名は「rdisk2」のように、先頭にrを足すこと。
また、bs(転送するブロックサイズの単位)を1mと指定しておく。
そうしないと、転送速度が80k[bytes/sec]とかになって、何十時間と待つ羽目になる場合がある。
(下のコマンドなら60M[bytes/sec]とか出る)

ちなみにCtrl+Tを押すことで、コピーの途中経過を知ることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

17 − thirteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください